ネクタイの着こなし方と基本的な種類

subpage01

ビジネスシーンやパーティーシーンなどでスマートにスーツを着こなすには、場面と自分に合ったネクタイを付けることが肝心です。

まず最低限覚えておきたい着こなしのルールを覚えておきましょう。

生地やデザイン、ブランドに注目して選ぶことももちろん重要ですが、その前に基本的なマナーとして押さえておきたいポイントがあります。まずネクタイの最適な長さについてです。

ネクタイの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

どれくらいの長さにするのが正しいのか、周りの人の姿を想像してみましょう。

たいていの場合、ベルト部分にネクタイの先端がかかる程度にとどめている人が多いはずです。


幅の広さに関しては、ジャケットの下襟のラペルという部分と同じくらいの太さを目安にしましょう。



この点さえ押さえておけば恥ずかしい思いをしなくて済みます。
肝心のネクタイの種類ですが、大きく分けてニットタイ・ダービータイ・ボウタイの三つに分類できます。



この三つの中で一番スタンダードなタイプはダービータイです。
先端の剣先の部分が三角形になっているのが特徴です。


大剣部分の幅でさらに何パターンかに分かれます。


それぞれに最適なシーンがあるので、用途に応じて使い分けましょう。通常のネクタイと異なり、編んで作られているタイプはニットタイと呼ばれます。

先端はダービータイと異なり水平にカットしてあるので、スクエアタイという別名もあります。

蝶のような形をしているボウタイは本来は礼装用で、最も歴史の古いものです。こちらも形状や幅などで数種類に分かれます。

学ぼうネクタイの事

subpage02

スーツには派手な色のものがありますが、仕事場でそれを着用している人はほとんどいません。水商売や人前に出る仕事でそうしたスーツを着る人はいますが、ほとんどのサラリーマンはそんな派手なスーツでは仕事にならず浮いてしまいます。...

NEXT

ネクタイについての考察

subpage03

学校や会社でネクタイをする機会はあると思いますが、汚れてきたらどうしたらいいのかふと考えることはないでしょうか。汚れたら綺麗にすればいいとは分かっていても、シャツや下着類などの他の衣類と同じように選択してしまっていいのか悩むこともよくあります。...

NEXT

ネクタイの実態

subpage04

なんとなくスーツを着てネクタイを締めている方も少なくありません。着用できていればそれでいいのですが、やはりもう少しおしゃれにも気を使って合わせ方を考えてみたいと思う事も出てくるでしょう。...

NEXT

ネクタイを身に付けよう

subpage04

ビジネスシーンでビシッと決めたい時には、レギュラータイと呼ばれる最も基本的な形のネクタイを選ぶことができるでしょう。一般に、大剣の幅が七センチから九センチのものをレギュラータイと呼んでいます。...

NEXT