シーンや目的に合わせたネクタイを選ぶ - ネクタイの着こなし方と基本的な種類

シーンや目的に合わせたネクタイを選ぶ

subpage01

ビジネスシーンでビシッと決めたい時には、レギュラータイと呼ばれる最も基本的な形のネクタイを選ぶことができるでしょう。
一般に、大剣の幅が七センチから九センチのものをレギュラータイと呼んでいます。

ネクタイについて詳しく書かれています。

特に、紺色で無地のものはどんなスーツにも合わせることのできる定番中の定番とも言えます。

ほかにもビジネスシーンで活躍するネクタイとして、ストライプや小さめのドットなどがあります。

ドットが大きいものはどちらかというとカジュアルな印象を与えるものとなるため、相手に上品な印象を与える小さめのドットがお勧めです。

普段のシーンで季節感を取り入れたいと思う時はどうでしょうか。

例えば秋冬の時期であるなら、無地のウールタイはどんなスーツとも合わせやすいことに加えて、落ち着いた雰囲気を演出できるでしょう。

光沢のないスーツとウールタイを合わせるのがポイントです。



夏の時期には、リネンのジャケットにリネンのネクタイを合わせるなら涼感を演出することができます。同素材で合わせるなら、たいへん涼しげな印象を与えることができます。



また、シルクのネクタイもざっくりとした編み上がりが涼しげな印象を与えることができるので、春夏の時期にはお勧めです。カジュアルシーンでお洒落にネクタイを取り入れたいなら、大きめのドットや、レギュラータイよりも細めのナロータイがよいでしょう。


大きめのドットはポップな印象を与えることができ、ナロータイはカジュアルかつスタイリッシュな印象を与えることもできるのです。