• アミノレブリン酸の効果とは

    アミノレブリン酸は、ALAとも呼ばれています。


    アミノ酸の一種で、あらゆる動物や、植物の生体内に存在し、生命維持のエネルギーの産生に必要不可欠なことから、生命の根源物質とされています。

    アミノレブリン酸の効果は、医療分野では貧血防止、発毛、皮膚がんなどの癌治療に期待がもてます。

    美容に関しては、アトピーを含む、強い乾燥肌への応用やしわの改善、アンチエイジングでの応用が期待されています。アミノレブリン酸は体内で生合成される性質をもっていますが、ストレスや加齢、睡眠不足、肥満、運動不足、紫外線、喫煙などによって免疫が低下したり、活性酸素が発生すると生合成が減少します。

    アミノレブリン酸が低下することで疲れやすくなったり、体温が下がったりとさまざまな症状を引きおこすため、不足分は外部から補うことがポイントです。



    日本人の場合は、一日あたり2ミリグラムを最低限摂取することが必要とされています。
    アミノレブリン酸はさまざまな食品に含まれています。

    じゃがいもや納豆、大豆、豆腐、ピーマン、ほうれん草、トマト、春菊、キャベツ、たまねぎ、にんじん、たこ、いか、まぐろ、さけ、牛ひき肉、豚ひき肉、鳥ひき肉、黒酢、醤油、ソース、バナナ、巨峰、リンゴ、ワイン、日本酒などです。
    食品からの摂取のみでは不足している場合は、サプリメントなどで補うと良いでしょう。



    体内に十分存在している状態を作ることで基礎代謝が上がり、ダイエットや健康維持に期待がもてます。