ネクタイは楽しみながら合わせよう - ネクタイの着こなし方と基本的な種類

ネクタイは楽しみながら合わせよう

subpage01

なんとなくスーツを着てネクタイを締めている方も少なくありません。


着用できていればそれでいいのですが、やはりもう少しおしゃれにも気を使って合わせ方を考えてみたいと思う事も出てくるでしょう。

ネクタイ情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

ただ、興味が出てきたとしても手持ちのシャツやスーツと合わせてみても良いのか悪いのか分かり難い事もあります。
慣れていないうちから遊んでみようとすると、奇抜になったりしてちぐはぐになる事もあります。
ネクタイもお店に出かけるとたくさん販売されていますが、とにかく買ってみるのではなくて購入前に幅や長さなどのサイズを見るところから始めましょう。

自身のスーツにすっきりと合う幅としては、スーツの下襟程度の幅で選ぶようにしましょう。


長さ自体は自分で調整できますから、何度か結んでベストな位置を探してみて下さい。



手持ちのスーツやシャツを見て、シンプルなものが多いのか、それとも柄物系が多いのか一度整理しておくと良いでしょう。



最初のうちは柄も少なめのものを選び、白いシャツと合わせながら雰囲気をよく見ていきましょう。柄物にチャレンジする時には、多くとも2〜3種類ほどにしてシャツやスーツと色は同系統にしながら組み合わせを変えたりして楽しんでみて下さい。
自分で工夫するのはもちろんですが、周りの人たちがどんな風にネクタイを合わせているのかも見てみると参考になります。

自分らしい着こなしができるように工夫を繰り返していくと、スーツを着るのもさらに楽しくなります。