ネクタイを洗濯するときの注意 - ネクタイの着こなし方と基本的な種類

ネクタイを洗濯するときの注意

subpage01

学校や会社でネクタイをする機会はあると思いますが、汚れてきたらどうしたらいいのかふと考えることはないでしょうか。
汚れたら綺麗にすればいいとは分かっていても、シャツや下着類などの他の衣類と同じように選択してしまっていいのか悩むこともよくあります。クリーニングに出してしまえば綺麗になって戻ってきますが、汚れるたびに出していると今度はお金がかかってしまって大変です。
頑張って何とか自分でネクタイを綺麗に洗濯したいと思ったら、注意する点に気をつけながら作業を進めていきましょう。

自分に合ったネクタイを情報を幅広くご活用下さい。

まずはそもそも「自宅で洗っていいのか」という確認です。


シルクなどの高級素材は作業が難しいですし、特殊な柄だとよれたり色や柄が落ちたりというようなアクシデントが発生する事もあります。



ドライクリーニングのみというものもあるので、作業前のチェックは重要です。

そして、大丈夫だと思えてもすぐに洗濯を始めるのはいけません。


色落ちしないかどうかのチェックもして起きましょう。
洗剤の原液を裏側の目立たないところに少量つけて置いてから、白いハンカチやタオルなどに色が移らないかをみます。移らなければ洗濯をしていくことになりますが、洗濯機ではなく手洗いで行います。

洗濯機を使うと型崩れしやすいからです。

ネクタイはデリケートですから、優しく洗いあげて干す時も陰干しします。

アイロンも必ず当て布をしてかけましょう。



自分で洗えばその分だけもっと愛着も増してきます。